賞味期限

キャットフードと賞味期限の関係

キャットフードには人間の食事と同じく賞味期限が設けられています。
期限内でも中身は劣化していくので、できるだけ早くに食べきってしまいましょう。

・キャットフードに賞味期限がある理由
キャットフードに含まれる肉や魚は、工場で新鮮なうちに処理されて製品として出荷されますが、添加物が少ない&新鮮な食材を使っているフードほど、品質の劣化は早くなります。
もちろん、酸化防止剤や防腐剤などの添加物が含まれているフードでも、食品である以上は時間とともに劣化していきますから、購入後数日以内に与えるのがベスト。
賞味期限が1週間程度と非常に短いフードもありますが、「新鮮なうちに食べきってください」というメッセージが込められていると考えてください。

・賞味期限が切れたフードを与えると、どうなる?
賞味期限が切れたフードは、猫ちゃんによっては食べてくれる場合もありますが、明らかに品質が劣化したものは一切口を付けてくれません。
猫は嗅覚が優れているので、人間には分からない劣化した臭いにもすぐに気付きます。
栄養価が落ちて美味しくないフードを与え続けると、猫の健康にとっては良くありません。
病気や健康上の問題などを起こさないためにも、新鮮な食事を与えるようにしましょう。
また、キャットフードの体験談についても合わせてご覧ください。こちら