賞味期限

お腹にやさしいキャットフードとは

猫は犬と違って、肉食が中心の生き物です。
同時にグルメでもあり、食べ物を自ら選ぶので、できるだけお腹にやさしいキャットフード選びをしてあげましょう。

・猫の胃腸に優しい食材とは
猫がもっとも満足する、胃腸に優しい食材は、骨や筋張った部分の少ない柔らかい肉や魚です。
味付けが濃いものは消化に時間がかかるだけでなく、心臓や腎臓にも良くないので避けましょう。
また、穀物がたくさん使われているキャットフードは腹持ちはしますが、その分お腹に溜まるのでやはり消化に良くありません。
こちらのグレインフリーのキャットフードについても参考にご覧ください。

肉や魚を使ったウェットキャットフードはスムーズに消化が進むのでおすすめです。
ただし、ゼリーで固くコーティングされたウェットフードは消化が遅れる傾向にあるので、できるだけ肉や魚の身を多く使ったキャットフードを選ぶようにしてください。
また、子猫や高齢猫には咀嚼の手間の少ないスープや、流動食タイプのキャットフードがおすすめです。

・こんな添加物には要注意
食品に多い酸化防止剤や香料、着色料などの添加物は、猫の健康を損なう可能性があるため要注意。
体の弱い猫ちゃんには、化学合成された栄養添加物が配合されているキャットフードも避けましょう。
添加物の含有量が少なく、新鮮な肉や魚の身を使っているフードがもっとも安全・安全です。
また、猫の赤ちゃんを飼っている方必見。キャットフードの離乳食についてもしっかり知っておきましょう。