賞味期限

コンドロイチンを含むキャットフードのメリット

コンドロイチンは、猫の関節の痛みや炎症を予防・緩和する成分です。
コンドロイチン配合のキャットフードなら、手軽に関節を強化することができます。

・関節炎にならないように
コンドロイチンは軟骨を構成する成分なので、人間のみならず猫にも有効な成分。
グルコサミン同様、継続して摂取することで、関節炎や関節の痛みに優れた効果を発揮します。
動物も年齢を重ねるごとに体が衰えていき、軟骨部分のコンドロイチンが減ってしまうため、継続して摂取することが大切なのです。
コンドロイチンが減ってくると足腰が弱ったようによろよろと歩行するようになり、関節部に痛みが出て手足が曲げられなくなります。
猫の場合はジャンプの動作などにも影響するため、高齢に差し掛かったら関節炎予防のためにコンドロイチン入りのキャットフードを与えるようにしましょう。

・使われていない筋肉をバックアップ
コンドロイチンには軟骨の機能を維持するはたらきがありますが、軟骨が正常化することで筋肉の動きも改善されます。
猫の場合、人間と違って常に四肢をまんべんなく動かしていますが、軟骨から骨への動きが改善すれば、全身の動きが整うので、ほとんど使っていない筋肉も衰えることなく正常化します。
運動不足の猫ちゃんや肥満症の猫ちゃんにこそ、コンドロイチン入りのキャットフードを与えてあげましょう。
また、もっとキャットフードについて知りたい方はこちらも参考にご覧ください。