賞味期限

ビタミンB1を含むフードのメリット

ビタミンは猫の健康にもなくてはならない栄養素です。
特にビタミンB1は欠乏症を起こす可能性があるため、毎日一定量を摂取しなければなりません。

・炭水化物を分解
ビタミンB1は糖質をエネルギーに代謝するために必須の栄養素。
カリカリなどの固形のキャットフードにはたくさんの穀物や炭水化物が使われていますが、これらがパワーの元になるには、ビタミンB1が含まれていなければなりません。
キャットフードを購入する際はパッケージを確認し、ビタミンB1が含まれているかどうかを確かめてみてください。

・イカやエビはビタミンB1の天敵
猫が大好きなイカやエビには、ビタミンB1を分解する成分が含まれています。
ビタミンB1が欠乏すると、嘔吐や歩行困難などの症状が現れ、最悪の場合死に至る可能性も。
したがって、キャットフードはもちろん「手作り食」として与えるのも避け、極力口にさせないようにしましょう。
その一方で、ビタミンB1が食事からしっかり摂れるように、ビタミンをサポートしたキャットフードを与えてください。
人間用の食べ物は塩分や糖分が多いので、ビタミンを補給させる食事には向きません。
良質で栄養価の高いキャットフードを選び、ビタミンB1以外の栄養素もまんべんなく摂れるように配慮してあげましょう。
また、猫の好き嫌いに悩む方も多いのではないでしょうか。 こちらのサイトも合わせてご覧ください。